HOME > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 先輩社員紹介(技能職)

先輩社員紹介

先輩社員紹介(技能職)

「若い世代への期待を実感。
 そのチャンスに応えていきたい。」
岩瀬 拓郎 製造系

仕事内容

第1製造部では課に分かれて規格の異なるリレーやフラッシャなどを製造していて、私の所属する生産3課ではハイブリッドカーに使用する車載リレーを担当しています。プリウスやアクアに代表されるエコカーブームに伴い、ここ数年は生産数も右肩上がりで非常に忙しいですね。最近こそ落ち着きましたが、ちょっと前までは残業することもありました。それでも辛さを感じないのは、職場の雰囲気の良さが原因だと思います。多忙でもアットホームな空気がいつも流れていますからね。

仕事のやりがい

完成した製品が自動車に欠かせない一部として役立っていること。それが世界中で使われていること。この仕事のやりがいはいろいろある中で、私の場合は、日々訪れる問題を解決した瞬間かもしれません。リレーは2秒に1個生産される、まさに時間との勝負です。機械に不具合が起きた際にどうやって早く復帰させるか、問題をクリアしていく瞬間が一番燃えますね。そうして目標生産数の達成をした時や、また、設備や製品について詳しくなればなるほど、解決に要する時間は短くなり、そのための教育の環境を職場がしっかりサポートしてくれているので、オペレーターとして成長を実感した時にやりがいを感じています。

学生へのメッセージ

私は入社3年目で、ラインのリーダーを任せられるようになりました。まだまだ一人前とは言えませんが、品質の良いものを1つでも多く造る前向きな気持ちと会社全体で若い世代への期待がひしひしと感じられる中でチャンスをいただけたんだと思っています。私は中途採用の入社で、しかも大学は法学部なので理系の知識はまったくありません。当然ながら設備の勝手がわかるはずもなく、それでも先輩たちが親切に教えてくれました。無知の人間でも努力すれば、やがてリーダーを任せてもらえるのがアンデンです。頑張る姿をしっかりと見てくれています。見てくれているからさらに頑張れる、そんな好循環が宿っている仕事環境なのかもしれませんね。

「声を大にして伝えたいのは、
 私みたいなママでも安心して働けること。」
福田 唯 製造系

仕事内容

アンデンへの就職を考えたのは高校3年の時です。就職活動で会社見学に参加し、そこで目にした大勢の女性従業員の姿がすごく印象に残り、「女性も働きやすそうだな」と感じました。その日をきっかけにアンデンで働く気持ちが固まっていきましたね。私が所属する生産4課は車載用リレーを中心に生産を行っています。毎朝出社後にラインを起動し、まずダミーを流して問題がなければラインを本稼働します。ライン1本を2人で担当し、不具合やトラブルがあった際には対応。完成した製品が市場に出荷される前の品質チェックも行います。他には改善提案など。設備異常があれば改善点を挙げ、それらを報告するのも仕事です。

仕事のやりがい

「女性が活躍している会社」というイメージは錯覚じゃなかったですね。生産4課は40名ほどのチームで、その中に女性は10人います。職場の雰囲気も明るくてとても居心地が良いです。社会のことなんて全然わからなかった高校生の私にとって、「会社」や「働くこと」にはとても堅いイメージがありました。でも、ここはアットホーム。そのギャップには良い意味で裏切られました。職場の仲間とプライベートで遊びに行くことも多く、いつでも相談できて頼れる先輩たちがたくさんいます。ライン作業と聞くと「重苦しい雰囲気」を想像する人が多いかもしれませんが、働いてみたらわかるはず。和気あいあいとした活気のある職場ですよ。

学生へのメッセージ

アンデンにいながらママになれたのが、私にとって幸せなことだと感じます。こう見えても私、実は妊娠・出産を経験した一児の母。妊娠したのは入社3年目の時でした。体調がすぐれない日は配置換えをしてくれたり、出産後の復帰の際も職場の仲間が温かく迎えてくれて、1年半も産休をいただいていたので不安でいっぱいでしたが、それを簡単に払拭してくれました。出産後に復帰して活躍する先輩の姿を見ていたのも心強かったです。振り返ってみると、会社や職場の仲間に感謝したいことばかり。女性がママになっても安心して働ける会社であること、それは声を大にして伝えたいです。